救急現場から 1

救急現場では

30代の方々が生活習慣病の代表とも言われている

脳出血や心筋梗塞で運ばれて来ています。

「え~」って言う戸惑いの声が聞こえてきますが・・・

「ウソー!」「まさか!」「本当!」って感じですか?

 

若年化はすでに到来しているんです。

なので私からは「何が珍しい?」っていう逆質問です。

 

生活をしているすべての方が考えないといけない「病気」であるんです。

症状に至るまで約10年という無症状時代があるので

もっともっと前からSOSが出ていたことになるのです。

 

「自分には関係ない」という言葉を今から捨てて下さい。

危機管理能力を自分の体にも備えてみてください。

 

 

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ