幸せ物質を分泌させるとストレスに強くなれる

みなさん♪こんにちは♪

大阪も梅雨です「じめ~」としてシーズンです。

 

ココロも梅雨みたいに「どよ~ん」とならないためのズボラたちのための時短ストレスケアを綴っていきます。

 

どよ~んとするのは、6月祝日がないってこともあるけど

でも仕事や子育て、夫婦仲、色々あって「どよ~ん」とするよね

 

マイナスの力って聞いた事ある?

たとえば「お金」マイナスになるのってすぐですよね。お金も貯めるというプラスにしていくのは努力・忍耐が必要で大変じゃないかな?

ココロも毎日がマイナスではエライことになりそうなのでプラスにしていける行動をしよう!

 

幸せ物質を使おう!

セロトニンが幸せ物質って知ってる?

脳内にある神経伝達物質の一つ。人の感情をコントロールする物質で「幸せ物質」とも呼ばれている。セロトニンの分泌が良い人は感情のコントロールが適切に保たれ「ストレスに強い」と言われている。

 

じゃぁ出してみよう!

1.朝は鏡をしっかり見て「自分をほめよう」

2・寝る前には「ニヤニヤ」して寝よう

簡単!あとは行動のみ!

私が毎日している行動で、自分ほめると笑顔になれますよ。

歳は重ねたけどまぁ良い顔になってきたと自分では思いますよ(^○^)

寝る前の「ニヤニヤ」これはほんと良い!「夢」で仕事をしなくなったのつまり睡眠の質が上がったのだと思うよ。

是非!トライ!してみてね。

コメントを残す

このページの先頭へ